一獲千金も夢ではない|跡継ぎがいなくても事業承継制度を利用すれば安心

跡継ぎがいなくても事業承継制度を利用すれば安心

男性

一獲千金も夢ではない

握手

チャンスが転がっている

同じ商品やサービスを提供するとしても、立地によって売り上げは大幅に変わります。需要がたくさんあり、かつ競合するライバル企業が少ない場所が理想です。日本は先進国であり、さまざまな分野がすでに大きく成長を遂げているので、この条件を満たすためにはまったく新しい事業を始めるか、地方に活動の拠点を移すかが必要です。これに対して、インドネシアのように海外に飛び出す手もあります。もちろん、言葉が通じない場所に行くわけですから大変な面も出てきます。しかし、インドネシアは発展途上の国でビジネスチャンスがごろごろ転がっているので、一獲千金も決して夢ではない格好の舞台です。最近では、いきなり日本を飛び出す人たちがいるくらいです。

プロに任せるのが安心です

インドネシアに店舗を構える際に文化の壁をどう克服するかがカギです。ここには言語はもちろん、宗教的な部分も含まれます。インターネットを駆使して自分で調べるのも良いですが、対象となる情報が膨大なのを考慮すると、コンサルティング会社に助けてもらうのが妥当です。やはり、日本から出店した企業がつまづきやすいポイントを熟知しているのが大きいです。さらに、コンサルティング会社のサポートがあれば疑問点が生じた際にもすぐに問い合わせできるので時間も節約できます。ほかにも、利点がいっぱいあります。コンサルティング会社の支援があればインドネシアで宗教上の理由などからトラブルが起きるのも事前に防げます。開業した後に発生し得る困難に対応しやすくなる算段です。故に、よほどの理由がない限りはコンサルティング会社に任せた方が安心です。